ベース設計資料No.161 建築編に弊社が掲載されました。

更新日:2014/06/23

弊社の煙突内断熱材除去工法「赤門アクアサイクロン工法」が、建設工業調査会 出版 平成26年6月20日(金) 発行の ベース設計資料No.161 建築編 に掲載されました。

【記事】
赤門アクアサイクロン工法」は煙突内のアスベスト含有断熱材を除去する工法の1つです。煙突の上部と下部に隔離エリアを設けた後、煙突内部を超高圧水によって強力にアスベスト含有の断熱材を削り取り、除去します。
また、アスベスト対策の方法は、国又は自治体によって求められる基準が異なっており、それらに対応した施工を当社では行っております。煙突の他にも石綿含有の吹付け材や配管エルボの断熱材や内装材などの対策施工を承っており、東京・大阪をはじめとする全国にて事業を展開しております。

ご連絡先 
 住所:愛知県長久手市戸田谷1323 
 電話:0561-63-0789 Fax:0561-63-0792
 E-Mail:info@a-willex.com 

このページの先頭へ