施行事例

調査事例- 老朽化した木床が害虫の温床となっていた

14/06/11

画像|施工後

●施工後

生産設備の床が木製である場合、経年劣化によって隙間ができてしまい害虫の温床となってしまうため、塗り床への変更が望ましいです。

最新工場では塗り床などで管理しやすい施設としてデザインされていますが、古い工場では木の床の場合があり、経年劣化でその床には隙間が多く存在しています。
また、その隙間には汚れも入りやすく清掃しにくいため、害虫の温床となります。

対策としては、古い木床を取り除き、殺虫後に塗り床へ変更することが望ましいです。

このページの先頭へ