施行事例

調査事例 雨水管内に侵入したケヤキの根

15/01/12

画像|施工後

●施工後

大雨の際に駐車場に水が溢れたため、その原因を調査。結果、植木の根が排水管の繋ぎ部分から浸入し、排水を阻害していた。

~調査事例~
ケヤキをはじめ植えられている木の根が枡や排水管内へ侵入する場合があります。
この現場では、建物外周にある雨水管で起き、管と管のつなぎ目のわずかな隙間を狙って根が侵入してきていました。
そのままの状態では排水能力が低下して周囲に水が溢れてしまったり、根が侵入してきた穴から水がしみだして陥没の原因となったりします。

対処方法としては、高圧洗浄水や特殊カッターで根を切ったり、枡や管を新しいものに取り替えたりしますが、根を切るだけでは一時的に排水能力が回復しますが根の成長とともにまた同じ状態に戻る可能性があります。

今回のように症状が出てからでは状態が著しく悪化している場合が多いため、まずは定期的に管内の点検を行い、その状況に合わせた対処を施すことが大切です。

このページの先頭へ