ダクト清掃・ダクトクリーニング

空調ダクト内部には様々な異物が潜んでおり、製品への混入リスクも高まります。

身近でありながら目には見えない空気。工場などの閉鎖空間では、その空気は空調機から供給されており、空調設備は汚れています。製造環境のためにも空間の空気質にこだわりましょう!

オフィス、製造工場、病院、商業施設などのビルや施設では、全館空調等の大規模な設備があり、その空調ダクトは全長が数kmにもなるものもあります。空調機内にはフィルターが取り付けられていますが、捕集しきれなかった細かな汚れは徐々にダクト内へ送られて溜まっていきます。

            

空調ダクトの汚れには様々な由来があります

  ダクト清掃・ダクトクリーニング 汚れは屋外からだけではなく、空調設備自体も劣化に伴いサビや粉塵が発生します。そのため、フィルター管理だけではなく、空調機や空調ダクトの点検やメンテナンスが重要となります。  

 

空調・排気設備の汚染による感染・火災の危険性

空調・排気設備は長時間使用することにより埃・汚れが付着し、そのまま放置すると様々な問題が発生します。空調設備のホコリに混じった微生物がビル感染、院内感染の原因となったり、製造工場や厨房の排気設備が油じんの付着により延焼火災を引き起こすなど、問題発生時の損害は大きなものとなるため事前に対策を講じる必要があります。

1つでも思い当たったらダクトメンテナンスがおすすめ!

 □ 朝、机の上がザラついている
 □ 空調吹出し口や周辺が汚れで変色している
 □ ダクトの清掃をしたことが無い
 □ 高速道路や大通り、線路、工場などが近くにある
 □ 建てられてから10年以上経過している
 □ 大勢の人の出入りがある

特殊カメラで見えない場所を診る!

ビデオスコープによるダクト内調査


普段、なかなか見る事の出来ない空調機やダクト内部の「見える化」をお手伝いします。専門的な調査機材・経験豊富なスタッフによる空調設備調査による現状把握を行い、最も適切な解決策を提示します。

これらの問題解決のために赤門ウイレックスでは、独自のシステムによる定期的な点検、ダクトクリーニング等による維持管理を提案しています。

IAQ工法で汚れを一網打"塵"!

ダクト清掃・ダクトクリーニング



『IAQ工法:ダクトクリーニング』独自のシステムでダクト内部をクリーニング

IAQ工法略図

ダクトクリーニング IAQ工法 エアーウィップの動き

エアーウィップを空調吹き出し口やダクトに取り付けられたIAQポートからダクト内に挿入します。 コンプレッサーからの圧縮空気をこのエアーウィップに送り込むとその先端は激しく動き、ダクト内を強く叩きます。 この操作でダクト内の汚れを強制的に舞い上げて、強力な集塵機によって吸引し回収します。


ダクトクリーニング IAQ工法 エアーウィップの動き 横アングル

この動画ではIAQ工法をご紹介するために集塵機の出力を下げて撮影しています。本来はこの模擬ダクト内の汚れが一瞬でなくなるほど強力なものです。



ダクトクリーニング IAQ工法用 IAQポートについて

ダクトにIAQポートを取り付けると、清掃の簡易点検口として利用できます。短時間で装着可能のため作業性が向上するばかりでなく、後の点検や清掃にまたその場所のIAQポートを使うことが出来ます。


ダクトクリーニング IAQ工法 施工の様子


ダクトクリーニング IAQ工法 施工の仕上がり


その他の施工



このページの先頭へ