MENUCLOSE

NEWS

2020年1月15日 『2020年度 食品工場の衛生セミナー』開催のお知らせ

『衛生管理の視点を変えよう!!』 ~食品安全の新たな取り組み~

 食品製造に携わる企業・工場の皆様が、より安全で安心な製品を作り続けていくため、衛生管理の新たな取り組みのサポートを致します。今回のセミナーでは建設会社、防虫資材メーカー、環境衛生管理会社がそれぞれに培ってきた専門的な視点・考え方をご紹介します。 
 既存の管理を今一度見直してみませんか?是非この機会にご参加頂きますようご案内申し上げます。

1.開催日/会場

東 京:3月  6日(金)浅草橋ヒューリックホール&カンファレンス ROOM4   アクセスMAP
名古屋:3月13日(金)弊社 丸の内情報センター4F会議室  アクセスMAP 満席につき募集締め切り
大 阪:4月10日(金)新大阪丸ビル新館 509号室  アクセスMAP
福 岡:4月24日(金)リファレンス大博多ビル 1120   アクセスMAP

2.時間

受付:12:30~
講演:13:00~16:30

3.参加費

無料

4.定員

先着50名
 ※1社につき2名様までお申込み頂けます。
 ※定員に達し次第、締め切らせて頂きます。

5.セミナー内容

「食品工場におけるフェロモントラップの効果的な活用法」
富士フレーバー株式会社 エコモン事業統括部 営業部 国内営業担当 礒﨑 玲次 氏

富士フレーバーでは、1981年にフェロモントラップの製造・販売を開始し、現在では国内外にある加工食品業界の皆様に広く活用頂いている。
本講演では、実際に加工食品業界の皆様に使用されているフェロモントラップの実態と管理状況について具体的な事例を紹介し、より効果的な活用方法・使用方法について説明する。

「食品工場で起こりやすい結露のパターンと調査・対策の考え方」
清水建設株式会社 設計本部 設計技術部 生態系グループ 設計長 室井 利夫 氏

一般的に食品工場では、温める・蒸す・冷やす・洗浄するといった工程があることから、安定的な温湿度環境を維持できず、結果、結露が発生してしまうことが多い。また、建築・生産設備の不具合から結露が発生することもある。こうした結露でカビや虫が発生し、衛生上の問題に発展することもある。本講演では、食品工場で起こりやすい結露発生パターンを解説するとともに、調査・対策の考え方をご紹介する。

「食品工場の防虫管理~未来に向けてのご提案~」
赤門ウイレックス株式会社 AXS企画部 PC管理室 室長 蒲澤 雄介

防虫対策が薬剤殺虫であった時代からIPMの概念が取り入れられ、モニタリング主流となって約18年が経った。結果の分析や対策は防虫会社の経験則に頼るところが多い中、現在はIoTを用いた新たな防除技術が開発され、新しい時代へ向かおうとしている。食品工場の皆様に長年提唱し続けている根本的解決へ向け、今後モニタリングデータをどのように活用していくべきか、近い未来の新たな防虫管理についてご紹介する。

6.お申込み

下記のフォーマットに必要事項をご記入の上、お申込みください。
お申込み受付後、「受付完了のお知らせ」をお送りいたします。
※大変恐縮ですが、ご参加は食品製造業の管理、品質、工務、製造部門様に限らせて頂きます。
 予めご了承ください。


必須
参加会場必須
必須
必須
必須
必須
必須
必須
必須
必須
「受付完了のお知らせ」を必須
今回のセミナーを知ったきっかけ


一覧へ戻る