MENUCLOSE

NEWS

2024年1月22日 2024年度 食品工場の衛生セミナー開催案内

『食品安全はアウトソーシングの時代です!』

約5年振りの開催となる本セミナー。
コロナ禍を経た今、サステナビリティの考えに沿った企業活動は食品業界にも広く浸透し、
また同時に大きな変化点を迎えています。
人材不足や働き方改革、フードロスへの取り組みに加え、高品質への要求など、
生産活動以外にも多くの課題と向き合っていく実状があります。
本セミナーでは3社がそれぞれの視点で皆さまの課題に寄り添い、
解決に向けたご提案をいたします。

1.開催日/会場

福岡会場:3月15日(金)リファレンス駅東ビル2F Y-1 アクセスMAP
仙台会場:3月22日(金)TKPガーデンシティPREMIUM仙台西口5F ホール5C アクセスMAP
 注)近隣に貸し会議室が複数個所ございます。お間違えの無いようご注意ください。

2.時間

受付:12:30~
講演:13:00~16:30

3.参加費

無料

4.定員

先着50名
 ※1社につき2名までお申込み頂けます。(3名以上をご希望の際はご相談ください)
 ※定員に達し次第、締め切らせて頂きます。

5.セミナー内容

講演① アイカ工業株式会社
 『食品工場における内装材の選定(床・壁・天井)』
  ~塗り床(排水槽ライニング含む)、不燃材、防カビ天井~

概要
食品工場に要求される内装の建築材料は一般的な建築材料とは異なり、過酷な使用条件・施工環境を想定する必要があります。また食品工場特有の課題も多いため、新設・更新施工を検討する際には施工技術・経験が必要不可欠であり、『材料の選定』『適切な施工』が重要となります。弊社はこれらの課題を解決するため、商品、システム面でお手伝いをさせていただきます。

講演② アマノ株式会社
 『AIロボットを活用したこれからの工場清掃のかたち』

概要
食品業界において衛生管理と食品安全は必須の課題です。しかし人材不足と人件費高騰の昨今において十分な効果を出すには、人材の選択と集中が企業様の喫緊の課題となっております。
そんな企業様の課題を解決するべく、AIロボットを活用した工場清掃と床面の補修等のご提案をいたします。

講演③ 赤門ウイレックス株式会社(福岡会場と仙台会場で講演内容が異なります)
 福岡:あなたの工場に忍び寄るリスク教えます!ダクト火災のメカニズム
 仙台:意外な盲点!食品工場の空調管理

概要(福岡会場)
令和の時代に突入した現在でも、年間で複数回、工場火災のニュースを目にすることがあります。そのなかでも全国の食品メーカーでは製造工程(熱源)を起因としたダクト火災の延焼による工場火災が後を絶ちません。今回のセミナーでは弊社が過去に対応したダクト火災の事例や、法規制についてのお話し、ダクト火災を未然に防止するための調査・点検・メンテナンスの重要性や、その具体的方法について詳しく解説します。

概要(仙台会場)
食品の安全を担保するための仕組みは、医薬品や健康食品製造業界で運用されているGMPやステークホルダーから求められるサステナビリティな活動とも絡みあって急速に変化していく流れ(グローバルスタンダード)にあり、新しい管理の形が求められています。この変化の中において、食品工場内における「空気の質」はどのような管理が求められていくのか、そのためにどのような準備を実施していかなくてはいけないのか、といった命題について弊社が培ってきた経験を基に解説いたします。

6.お申込み

下記のフォーマットに必要事項をご記入の上、お申込みください。
お申込み受付後、「受付完了のお知らせ」をお送りいたします。
※1回のお申込みで1名まで(2名で参加希望の際はお手数ですが、受講者の情報を再度ご入力ください)
※大変恐縮ですが、ご参加は食品製造業の管理、品質、工務、製造部門様に限らせて頂きます。
 予めご了承ください。


必須
参加会場必須
必須
必須
必須
必須
必須
必須
必須
必須
「受付完了のお知らせ」を必須
今回のセミナーを知ったきっかけ


一覧へ戻る