MENUCLOSE

ダクト清掃各種状況に応じた方法で清掃をご提案

空調ダクト内部に潜む様々な危害

オフィス、製造工場、病院、商業施設などのビルや施設では、全館空調等の大規模な設備があります。
空調機にはフィルターが取り付けられていますが、捕集しきれなかった細かな汚れは徐々にダクト内部へ送られて堆積し、やがて室内へ飛散します。

排気ダクト内部に潜む様々な危害

排気ダクト内部の粉塵・油塵の付着により、火災発生の危険性、異音の発生、風量の低下等の問題があげられます。
特に火災発生の危険性の問題は、一旦火災が発生した場合に、ダクト内を通して大きな延焼火災を引き起こす可能性があります。

赤門ウイレックスのダクト清掃

ダクトには様々なサイズや形状があり、使用用途や環境により汚れの質も異なります。
これらを事前の調査を元に、状況に応じた方法で清掃いたします。

ダクトクリーニング IAQ 工法の紹介

清掃専用器具のエアーウィップを空調吹出口やダクトに取り付けたオリジナル点検口、IAQポートからダクト内へ挿入します。 コンプレッサーからの圧縮空気をエアーウィップに送り込むとその先端が激しく動き、ダクト内を強く叩きます。 この作業でダクト内に堆積している粉塵を舞い上げて、集塵機によって吸引し回収します。

  • コンプレッサー及び集塵機搭載車両
  • 集塵機
  • オリジナル点検口:IAQポート